女性ホルモンを増やす

人気No.1バストアップクリーム

女性ホルモンを増やすとどうなる?

女性にはもともと、たくさんの女性ホルモンが備わっています。

 

しかし、生まれつきのホルモン量は人によって違い、外部から女性ホルモンを摂取することで体にさまざまな変化が訪れるでしょう。

 

大豆製品に含まれているイソフラボンを摂取したり、バストアップサプリに含まれているプエラリアミリフィカを摂取すると、女性ホルモンがどんどん増えていきます。

 

女性ホルモンが増えると、体にどんな変化が訪れるのでしょうか?

 

まず、肌や髪の毛に艶が出ます。

 

女性ホルモンの一種であるエストロゲンには、コラーゲンやケラチンなどの成分を生成する効果があります。
また、血管が拡張し成分がいきわたりやすくなる作用もあるので、肌や髪の毛が潤い、艶が出てくるのでしょう。

 

体毛が薄くなるという効果もあります。

 

人の体毛は、男性ホルモンのせいで生えるといわれています。

 

女性にも少量ながら男性ホルモンが存在し、その影響で脇やスネに毛が生えているのです。

 

男性よりは男性ホルモン量が少ないので、脇やスネの毛は薄く細いのでしょう。

 

しかし、女性ホルモンが増えると男性ホルモン量がどんどん減り、体毛もどんどん薄くなっていきます。

 

完全になくなるというわけではありませんが、目立たない程度に薄くなる場合もあるでしょう。

 

抑毛効果のあるローションにイソフラボンが含まれているのは、女性ホルモンの効果で毛を薄くするためなのです。

 

女性ホルモンには、気持ちを穏やかにする効果があるといわれています。

 

女性が穏やかで、受動的で、どちらかというと集団意識が強いのが、女性ホルモンの影響だといわれています。

 

逆に男性ホルモンは、心理的に支配欲や積極性、能動性や攻撃性を招くといわれています。

 

女性ホルモンが増えると、心が穏やかで落ち着きのある女性になるそうです。
更年期障害が起こると怒りやすくなったり、攻撃的になるのは、女性ホルモンが減り男性ホルモンが増えることも関係しているのでしょう。

 

女性ホルモンには、アレルギー症状を緩和する効果があるともいわれています。

 

女性ホルモンのエストロゲンには、アレルギー反応を強める作用があるのです。

 

このおかげで、女性ホルモンを摂取すると花粉症、アレルギー、喘息などの症状にかかりにくいといわれています。

 

過剰摂取はいけませんが、適度に女性ホルモンを増やすことは健康維持にもつながるのでしょう。

 

 

最後の体形の変化です。

 

女性ホルモンのエストロゲンには皮下脂肪を増やす作用があるといわれています。

 

女性が、小学校高学年から高校生にかけて少しずつ脂肪が付き丸みを帯びるのが、女性ホルモンの量がどんどん増えていくからです。

 

女性ホルモンのおかげでバストや腰回り、ヒップに脂肪が付き、メリハリのある女性らしい体つきになっていきます。

 

そのため、女性ホルモンにはバストアップ効果があるといわれています。

 

バストを大きくしたい場合は、女性ホルモンを摂取すると良いといわれています。
女性ホルモンのおかげでどんどん体が女性的になっていき、魅力的なメリハリボディを作ることが出来るのではないでしょうか?

アロマの効果

女性ホルモンを活性化させたいときにおすすめなのが、アロマです。

 

アロマにはさまざまな効果があります。

 

気持ちを落ち着かせたり、安眠効果をもたらしたりは有名な効果ですよね。

 

そんなアロマには、女性ホルモンを活性化する作用もあるといわれています。

 

たとえばローズ。

 

精油界の女王とも呼ばれており、バラの香りを好む女性はとても多いですよね。

 

そんなローズの中でも特に、ダマスクローズの香りは女性ホルモン調整効果があるといわれています。

 

ホルモンバランスが整い美肌効果を発揮したり、イライラを抑えてくれるでしょう。

 

気持ちも落ち着き、ホルモンバランスも安定化することが出来るのです。

 

 

ネロリはビターオレンジから採取することが出来る精油です。

 

クレオパトラが愛用したといわれるほど美容効果の高い精油で、副交感神経を鎮める作用があります。
そのため、安眠効果を実感することが出来るでしょう。

 

ネロリの主成分「ネロリドール」は女性ホルモンに似た作用があります。

 

このおかげで月経前症候群に高い効果を発揮するようです。

 

女性ホルモンを調整する作用に加えて、新陳代謝アップ、アンチエイジング効果、美肌効果、ストレス緩和などのさまざまな効果を得られる、とてもおすすめの香油でしょう。

 

 

 

クラリセージは女性ホルモンの一種であるエストロゲンに似た「スクラレオール」という成分が含まれている精油です。

 

そのため月経前症候群の症状を緩和したり、更年期障害に良いといわれています。

 

しかし、クラリセージの香りは流産の可能性を高めるといわれているので、妊娠中は使用が禁止されているのです。

 

 

イライランは有名な香油なので、聞いたことのある方も多いでしょう。

 

とても官能的で、媚薬に近い効果を発揮するといわれています。
フレグランスにもよくつかわれている、定番の香りなのではないでしょうか?

 

そんなイランイランには、女性ホルモンの分泌を調整する力があるそうです。

 

肌の調子を整えたり、リラックス効果ももたらしてくれます。

 

イランラインはとても香りが強い香油です。
そのため香りを楽しむときは少量ずつ、つけすぎないように注意をしましょう。

 

 

ゼラニウムも有名な種類ですよね。

 

ゼラニウムの葉から抽出した香油は、すっきりとしたハーブブレンドの香りとなっています。
薔薇によく似た香りではありますが爽快感があるので、ローズの香油が重すぎるという人に良いでしょう。

 

女性ホルモンを調整し、鬱々しさを消してくれる作用があります。

 

 

最後にカモミールの香油です。

 

カモミールはハーブティーでも定番の成分ですよね。

 

とても貴重な香油ではありますが、皮膚のコラーゲン合成促進効果が注目されている成分です。

 

そのため、さまざまな効果を与えてくれるでしょう。

 

 

アロマが女性ホルモンに作用するのは、アロマ自体に女性ホルモンを安定化したり、増殖させる効果がある場合もあります。

 

しかし、それ以上に気持ちを安らげる効果があるからでしょう。

 

ホルモンバランスは、ストレスの影響をとても受けやすいのです。

 

睡眠時間が足りなかったり、バランスの悪い食生活を続けていたり、人間関係や日常生活のトラブル、悩み、不安などが重なりストレスが増えると、どんどんホルモンバランスも不安定になってしまいます。

 

特に近年は、ストレスを抱える女性がどんどん増えているみたいです。

 

ストレスは薬等では改善することが難しく、自分自身でリフレッシュをしなければ意味がありません。

 

そこで、アロマの出番です。

 

アロマてらびーを行うことで、心が落ち着きリフレッシュをすることが出来ますし、女性ホルモンもうまくコントロールできるようになります。

 

特におすすめしたいのが、アロマの入浴剤としての使用です。

 

アロマテラピーというとさまざまな道具を用意しないと出来ないと思われがちですが、好みの香油を用意してお風呂に数的垂らすだけでも十分効果を実感することが出来るのです。

 

ほかにも、ハンカチやティッシュ、お気に入りの小物に1,2滴たらすだけで、アロマの効果を実感できます。

 

ストレスがたまっていたり、ホルモンバランスが乱れているなと感じるときは、アロマの力で癒してみませんか?

関連ページ

短期間で胸を大きくする方法
短期間でバストアップしたい! 結婚式が近い、水着を着る予定がある。など、イベントごと前にはバストアップしたいと思う人も多いでしょう。 まず必要なのが、期間設定です。
バストの垂れを防止する手順
バストの垂れは、早い人であれば20代後半くらいから始まるといわれています。 しかし、多くの方は30から40代くらいでバストの垂れに悩み始めるのではないでしょうか?
胸を大きく見せるには?
バストを大きくしたいのなら、姿勢から矯正をしてみませんか? 実は、姿勢を改善するだけで一瞬でバストアップをすることができるのです。
ブラヴィバストクリーム
さまざまな雑誌で紹介されているバストアップクリーム・ブラヴィバストクリーム! 楽天等の通販サイトでもランキング一位を取得したことがある程人気の商品です。
バストサイズを測る
バストアップをしたいのなら、まずはバストサイズを計測するところからはじめましょう。 バストアップは、1センチ2センチ大きくなったくらいでは変化がわかりませんよね。
薬とサプリ
薬とサプリメント。 違いがあるのはわかりますが、どんな違いがあるのかは明確に知っている人は少ないですよね。 見た目は似ているけれども効果が違う、購入方法が違う。
ダイエット
バストアップをしている人は、ついでにダイエットも実践してみませんか? これ以上痩せる必要がないほど細身で、だからこそバストサイズに悩んでいる人は必要がないでしょう。 けれども、バストアップもしたいけれどもダイエットも気になる…。
日常生活
バストアップしたいー!けどめんどくさいー!! そんな人は、毎日気軽にできる、日常生活でのバストアップを初めてみませんか? バストアップといえば、マッサージが主流。 けれども、マッサージって毎日継続するのが面倒ですよね。
何歳まで胸は大きくなるの?
バストアップを考えている多くの女性が気になる疑問といえば「バストアップは何歳まで可能なのか」ですよね。 身長は20歳くらいを境に成長が止まるといわれています。 特に著しく成長するのは10歳から15歳くらいまで。
簡単に大きく見せる方法
バストアップは一日にしてならず。 バストアップサプリを飲んだからといって、明日2カップアップ!なんてことはありません。 もちろん、早く効果が実感できる人は2週間程でバストアップ効果を実感できる人もいます、が、平均日数は一か月から半年程継続していくうちに徐々にバストアップ効果を実感できるみたいですね。