女性ホルモンの役割

人気No.1バストアップクリーム

女性ホルモンの役割 エストロゲン

バストアップに欠かせないのが、女性ホルモン。

 

女性ホルモンを知ることで、より円滑にバストアップを行うことができるでしょう。

 

そんな女性ホルモンの中でも代表的なのが、エストロゲンです。

 

バストアップについて調べた事がある人は、一度は目にしたことがある名前だと思います。

 

エストロゲンは、卵巣ホルモンともよばれており生理周期前半の期間を安定させる効果があるといわれています。

 

もともとは子宮や卵巣を健康的に保つ為に知られていたホルモンでしたが、近年美容にも関わりがあるということで注目を集めるようになりました。

 

エストロゲンのバランスを保つことで、美しく女性らしいボディ、豊満なバスト、そして美しくトラブルのない素肌を手にいれることができるでしょう。

 

 

エストロゲンは思春期頃から徐々に増え始めていくホルモンです。
そして40代をピークにどんどん減少していくでしょう。

 

特に45歳頃になるとエストロゲンが著しく低下し、エストロゲンの減少がきっかけで更年期障害が起こります。

 

更年期障害の主な症状は、冷え性、イライラ、倦怠感や疲れやすさです。

 

そして、閉経を迎えるとエストロゲンの分泌が止まります。

 

 

女性ホルモンに似た作用を持つと評判のイソフラボンは、エストロゲンととてもよく似た性質を持っているといわれています。

 

そのため不足したエストロゲンを補ってくれるのでしょう。

 

また、細菌はエストロゲンに似た「植物性エストロゲン」も注目を集めています。

 

これは大豆イソフラボンではなく、明太子やイクラ、アボカドや枝豆、みそやざくろ等に含まれている成分です。

 

他にもミネラルの一種であるホロンはエストロゲンを高める効果があるので、おすすめです。

 

ホロンはりんごやなし、もも、蜂蜜やキャベツ、アーモンドに含まれています。

 

もしエストロゲンの分泌量を高めたい人は、これらの食品を意識して摂取をして見ては如何でしょうか?

 

イソフラボンやホロンを摂取することでホルモンバランスが落ち着き生理不順が改善されたり、バストアップの効果を実感できるかも知れません。

プロゲステロン

プロゲステロンは、エストロゲンと並んで代表的な女性ホルモンの一種です。

 

そして、最もバランスを崩し易いホルモンだともいわれています。

 

プロゲステロンには、基礎体温の上昇、乳腺の形成、妊娠の維持等の効果があります。
そのため妊娠をする上では欠かせない女性ホルモンといってよいでしょう。

 

また、最近では乳がん抑制効果も注目を集めるようになりました。

 

プロゲステロンは美しいバストを保つ為はもちろん、健康的に妊娠をしたり、健康的な体を保つためにも欠かせない成分なのです。

 

プロゲステロンは黄体ホルモンともよばれています。

 

黄体とは排卵後卵胞が変化し形成される内分泌組織のことです。

 

黄体は約2週間ほど滞在し、黄体が存在する期間に黄体ホルモンが活発に分泌されています。

 

この期間を過ぎると、一時的にではありますが黄体の機能はどんどん衰えて消えてしまうでしょう。

 

女性に生理が起こるのは、黄体期間が関わっているからです。

 

妊娠をした場合、黄体期間は2週間を過ぎてもずっと継続され続けます。

 

黄体ホルモンには体温を上昇させる効果もあるので、妊娠すると基礎体温が下がらず高温期のまま維持となるのでしょう。

 

 

黄体ホルモンがあるからこそ高温期が存在し、妊娠をすることができます。

 

また、プロゲステロンがあるからこそ生理周期を安定化させることができるのです。

 

しかし不安定になりがちなプロゲステロンは、ストレスや生活習慣の乱れにより十分に分泌することができなくなってしまいます。

 

このせいで生理不順となり、酷い場合は不妊に陥ってしまうでしょう。

 

エストロゲンは生理の前半の安定化を測るホルモンですが、プロゲステロンは生理後半を安定化する為に欠かせないホルモンなのです。

 

そんなプロゲステロンは、ビタミンEを摂取することで安定化するといわれています。

 

ビタミンEはプロゲステロンだけでなく、血流を改善し冷え症も緩和してくれるでしょう。

 

このおかげで体のバランスが整い、プロゲステロンも安定化しやすくなります。

 

他にもビタミンEには抗酸化作用や美白効果、精神安定効果などが得られるので、食品等からの摂取をおすすめします。

 

ビタミンEは、すじこやあんこう、モロヘイヤや卵、あゆやイワシからの摂取が可能です。

 

生理不順になりがちは方は、ビタミンEを摂取してプロゲステロンを安定化するようにしましょう。

関連ページ

育乳とは?
育乳って知っていますか? 育乳というと乳児のいる母親が母乳を出す為にバストを育てる、というイメージを持つかも知れません。
育乳マッサージ
バストアップに欠かせないのが、マッサージです。 マッサージをすることでバスト周辺の脂肪を寄せ集めることができますし、バストの形を整えることができるでしょう。
胸大きくする 寝方
バストアップで意外に重要なのが、夜のケアです。 バストが育つのは、夜眠っている間です。 そのためこの時間帯にバストアップに良いことをしていれば、高い効果を実感できるでしょう。 そこで気を付けたいのが、寝方でしょう。
ボルフィリン
ボルフィリンは、ここ最近注目を集めている成分です。 バストアップに高い効果を発揮する、ということで、バストアップクリームに多く配合されているでしょう。 なぜバストアップ効果を実感できるのかというと、ボルフィリンには脂肪組織を分化させ増殖させる働きがあるからです。
ナイトブラ
バストアップをしたいのなら、ナイトブラを付けることをおすすめします。 夜にもブラを付ける人もいますし、逆に自宅に帰るとすぐにブラを外してしまう人もいるでしょう。 実はどちらもバストアップにおいてはNGです。
プラセンタ
プラセンタは数年前から話題になりはじめた美容成分です。 胎盤から摂取することが出来る成分で、アミノ酸をはじめ本当にさまざまな美容成分を含んでいるのが、プラセンタの特徴といってよいでしょう。 中でもアンチエイジング効果が高く、30代40代向けのスキンケアに含まれていることが多いみたいですね。
ブラのつけ方
バストアップしたいなら、まず、自分のブラの付け方を見直してみて下さい。 ブラなんてたださっとつければいいだけ…と思っていませんか? グラビアアイドルはブラをつけるのに10分20分かかるといわれています。