セルフ脱毛には、カミソリや毛抜き、除毛クリームなどがあります。

方法は違っても脇のケアをセルフ脱毛でしている女性は多いのです。

脇は見るからにくぼんでいて自分からはよく見えない部分です。

ですので、セルフ脱毛で、肌を傷つけてしまうこともあるでしょう。

また、処理しきれない脇毛が残ってしまったという経験が1度くらいはあるでしょう。

脇の毛は太くしっかりしている毛です。

ですから、処理をしてもすぐに生えてきてしまうのです。

セルフ脱毛が肌にとても悪影響を及ぼしているのを知ってるでしょうか。

少しでも脇毛が生えてくるまでの時間を長くしたいと思う人は多いはずです。

そのため、行う毛抜きでのセルフ脱毛の場合では、無理やり脇毛を引っ張って抜いてしまいます。

そうすると、皮膚が伸びて脇の黒ずみやタルミの原因になることがあるんです。

さらに毛穴が広がってしまいます。

そうして、毛がなくても毛穴が目立つようになってしまうんですよ。

それでは、セルフ脱毛の中でも痛みがなさそうな除毛クリームはどうでしょうか。

除毛クリームでのセルフ脱毛は、毛を溶かして処理をしていく方法になります。

その過程の中で肌表面も一緒に溶かしていくんです。

これって肌への負担となりますよね。

そうなると、黒ずみといった脇のトラブルが起きやすくなるんです。

一般的なセルフ脱毛方法

一般的なセルフ脱毛といえば、カミソリや毛抜きが一般的です。

費用もかかりませんし、入浴時やお風呂上りに簡単に処理できるお手軽な方法ですい。

カミソリで脇毛を剃るときは、T字カミソリを使うのが一般的といえます。

そして、シェービングクリームやジェルなどを塗って、脇毛の流れに沿って剃りましょう。

これは、お肌へのダメージをできるだけ少なくするために必要です。

毛抜きを使う場合、毛を抜く部分に蒸しタオルを当てて、温めてから始めるようにしましょう。

毛抜きで抜き終えると、カミソリと同様に冷たいタオルなどで冷やします

これは、温めて開いた毛穴を今度は閉じるために必要なのです。

その後は、化粧水を塗るなどして保湿します。

カミソリや毛抜きは、どうしても肌にダメージを与えてしまうのがデメリットです。

間違った方法でセルフ脱毛すると、色素沈着や肌荒れ、さらには埋没毛などを起こしてしまうので注意が必要です。

1本1本処理が必要な毛抜きは、脇のような見えにくい箇所では、無理な姿勢になることが多いので、注意しましょう。

セルフ脱毛でも黒ずみができない方法はある?

色素沈着による脇の黒ずみは特にカミソリなど、セルフ脱毛することによってできることが多いです。

肌は外部刺激を受けると、肌を守ろうとする作用が働きます。

そのため、メラニン色素をたくさん分泌するのです。

分かりやすい例があります。

紫外線をたくさん浴びると肌が黒くなる現象ですね。

紫外線という外部刺激から肌を守ろうとすることで、多量に分泌されたメラニン色素で肌が黒くなるのです。

この現象と同じで、カミソリを何度も脇にあててしまうと、その刺激から肌を守るためメラニン色素が分泌されます。

そのため、脇が黒ずんで色素沈着を起こしてしまうんです。

特に脇は剃りにくいので、剃り残しが無いように何度も刃をあてている人も多いでしょう。

綺麗にしたくて脇をセルフ脱毛しているのに、肌が黒ずんでしまうのはとても悲しいことです。

自己処理をどうしても行う場合、優しく刃をあてるようにして、何度も刃を当てることは控えるようにしましょう。

カミソリは、セルフ脱毛では、おすすめできません。

できれば電気シェーバーを使ってセルフ脱毛をしましょう。

カミソリよりも肌への負担が少ないですし、黒ずみの原因となる刺激を抑えることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です