脇の臭いや体臭はとりあえず香水でごまかす?

夏場や年齢など季節やその人の体質などで気になる体臭ですが、この体臭を皆さんはどのように対処しているのでしょうか。

香水でごまかしている、という方も少なくはないでしょう。

特に女性の方に多く見られる香水でのごまかし。

最近ではスメルハラスメントと呼ばれるほど周囲に迷惑をかけている場合があるのです。

また香水でごまかしていると思っていても、さらに悪臭となっている場合がほとんどです。

香水では臭いは消せないので、混ざり合ってとてつもない臭いへと変化しているのです。

今も香水でごまかしているのであれば、すぐにでも止めることをお勧めします。

そうでなければいつまでも臭いと言われてしまうでしょう。

体臭がまず気になっているのであれば、香水ではなく制汗剤や汗拭きシートなどで臭いの元から対処した方がより臭いを抑えることができます

すぐにやめる方法は制汗剤に切り替えるということがいちばんの方法です。

また制汗剤も微香のものか無臭タイプにしましょう。

臭いを発するものは体臭と混ざってさらに悪臭へと変化します。

慣れていないために気になって仕方がないかもしれませんが、まずは休日の一人で出かける際やコンビニなど近距離に出かける際などで試し、徐々に普段も香水ナシにしていけるようにしましょう。

体臭を消せる香水はあるのか

体臭が気になって香水をつけている人は多いでしょう。

男女問わず香水に頼っている方も少なくはなく、特に夏場などはきつく匂いが漂うという人もいるのではないでしょうか。

ただ体臭を消すという香水はないと考えて良いでしょう。

体臭は香水をつけていても出てきています。

そして臭いは一緒に混ざり合い、なんとも言えない悪臭へと変化している場合もあるのです。

ただ香水をつける場所や付ける前に工夫をすれば体臭を気にせず香水をつけることができます。

まず香水をつける前に体臭の対策をしましょう。

ワキや背中など皮脂や匂いが出る部分には無香料のデオドラントで臭い対策を行います。

また汗をかいていたりベタついていれば綺麗に拭き取り清潔に保ちましょう。

そして香水をつける場所ですが、ほのかに香らせるためには髪の毛や肘の内側などがお勧めです。

ワキや背中や頭皮に直接つけると悪臭となるので避けましょう。

他にも足首や膝の裏などもお勧めです。

汗を多くかいてしまうような場所はできるだけ避けるようにして、香水を楽しみながら体臭対策をしましょう。

特に香水は臭いに対して匂いを被せるものです。

決して体臭を消すものではないので、つける際には注意しましょう。

香水の香りを邪魔しないデオドラントを選ぼう

香水をつけたいけれど体臭がきになるというのであればデオドラントの併用がおすすめです。

特にデオドラントは香水の邪魔をしないようなタイプもたくさんあるので、体臭を抑えつつしっかり香水の香りを漂わせることができるのです。

デオドラントにも香りのするタイプはたくさんあります。

できれば香りのない無香料タイプが望ましいですが、もしも香りで選びたいのであれば香水と同じ系統の香りを選択するようにしましょう。

香水がフローラル系であれば花の香りのタイプや喧嘩をしないようなソープ系の香りであれば大丈夫でしょう。

ただあまり匂いの主張の強いタイプのデオドラントは、香水と匂いが喧嘩してしまう可能性もあるので微香のものを選びましょう。

柑橘系であればミントタイプも鼻腔にすると相性もそこまで悪くはないでしょう。

甘い系統や爽やかな系統も考えて選ぶと良いですね。

ただ匂いに匂いをかけると本来の体臭と混じると最悪な結果となってしまう可能性もあります。

できれば無香料のものか微香でもミント系や爽やかで邪魔をしないものを選びましょう。

ロールオンタイプのデオドラントであればしっかり汗も抑えて匂いを抑制してくれますし、無香タイプであればどんな香水でも合わせやすく悩むこともありません。

自分の香水にあわせて、邪魔をしないデオドラントで体臭対策をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です