肌の黒ずみの原因はジーンズだった!意外と知らない繊維によるダメージ

流行りのスキニージーンズを履いていると、とてもお洒落に見えます

しかし、人気のスキニージーンズに落とし穴があるとしたらどうでしょうか。

というのも、スキニージーンズが体に黒ずみができる原因になってしまうことがあるんです。

スキニージーンズをはいて、腰や膝が黒ずんできているように感じた場合はどうしたらいいでしょうか。

そのときは、スキニージーンズを頻繁に履かないように気を付けてみると良いでしょう。

というのも、スキニージーンズのように体にフィットする衣服を着用していることを考えてみます。

密着した衣服を身煮付けると、布と肌の間で摩擦が生まれます。

摩擦が肌への刺激となって、体は肌を守ろうとして、メラニンが生成されて黒ずみやすくなるんです。

特に、ジーンズの生地は硬くてごわごわとしています。

そのため、摩擦による肌への刺激が大きくなるんです。

ジーンズを頻繁に履いていると、布と肌が擦れやすくなり、腰や膝が黒ずんできます。

ジーンズの上からベルトを巻いている人は、腰の黒ずみがさらにできやすくなるのです。

ジーンズを履いてお洒落を楽しむのも良いのですが、酷い黒ずみが残って後悔することがないようにしなくてはいけません。

上手に黒ずみケアをしながらジーンズを楽しみましょう。

ジーンズでなぜ黒ずみができる?

黒ずみが出来てしまう原因とし、考えられるのは日常生活で起こる摩擦が原因です。

締め付けられるようなジーンズを履いていることもそうです。

床に膝をついている時間が長かったり、さらには、お風呂で身体を洗うときにナイロンタオルでこすりすぎるのもそうです。

こういった日々の摩擦が原因となって、どんどん膝などが黒ずんでいってしまうんです。

皮膚が硬くなればなるほど、どうしても黒ずみは進んでしまうんです。

お風呂に入ったときは湯銭に使って皮膚を柔らかくしましょう。

さらに、スクラブなどでマッサージするんです。

クリームを塗ったときは、クリームの成分がしっかり染み込むようにします。

そのときは、汚れをしっかり落としてあげる事も大切です。

スクラブのやりすぎも良くないので、週に何回かやるようにするといいでしょう。

お風呂から出たら、膝にも化粧水や乳液、クリームを塗って保湿してあげる事が大切です。

乾燥しやすい人はとくにしっかり保湿するようにしましょう。

対策は?

上手なジーンズの選び方

まず、ジーンズの選び方です。

腰や膝に黒ずみを作らないため、ジーンズ選びから見直しましょう。

体に合っていないジーンズを頻繁に履いていると、布と肌の間に摩擦が生じてしまいますい。

それが、肌に刺激を与えてしまうんです。

刺激を受けた肌はメラニンを生成します。

それによって、黒ずみができてしまうというわけです。

大事なのは、小さすぎるジーンズは選ばないことです。

サイズが小さいジーンズを履くと、どうしても布と肌が擦れてしまいます。

そうすると、摩擦による肌への刺激が増え、黒ずみができやすくなります。

スキニージーンズは肌にぴったりと密着しているからこそ魅力的なのです。

しかし、ウエストがきつすぎるものは避けるようにしたほうが良いですね。

腰に黒ずみを作ってしまわないように気をつけましょう。

そのためには、ウエストがゆったりとしているジーンズを選ぶのがポイントです。

そして、ベルトで調整して履くようにしましょう。

また、ジーンズの生地にもこだわるのもいいですよ。

硬くてごわごわとしている生地は、肌に刺激を与えやすくなるんです。

できるだけ柔らかい生地でできているジーンズを選ぶことが大切です。

肌への刺激を最小限に抑えられますし、体にフィットして履きやすいからです。

新品のジーンズが硬くて履きにくいのでしたら、古着屋で柔らかくなっているジーンズを探すのも良いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です