脇の臭いや体臭予防には体の中からのケア!水が重要だった

水は生きていくために欠かせないものです。それでも水分をとるという特別な意識をしなくても日常生活の中で人はしっかりと水分補給をしていることでしょう。

生きていくうえでとても大切な水分補給ですが、水は体臭にとってもとても重要な成分であるということを知っている人は少ないかもしれません。

純粋に水を飲むということで体臭改善に効果があるとされているのですが、意識しないとついつい水を飲むことを忘れてしまうという人もいることでしょう。

ここでは、純粋に水を取り上げています。例えば麦茶やウーロン茶などは水とは切り離して考えます。

そして、水をたくさん飲む人は体臭がきつくないという事実があります。
これは本当のことで、体の中の水分が足りずに脱水気味になっている人は少なくありません。

特に夏の暑いときに空調の効いた室内で仕事をしていると、喉が渇かないので水分補給を忘れがちです。

そういった状況で、体内で何が起こっているかというと、軽い脱水症状が起こっているのです。

その場合、汗は凝縮されて濃厚になってしまいます。すると、体臭の元が凝縮された臭いの強い汗が体外に排出されてしまうのです。

この場合、体臭だけではなく、わきがも加齢臭も全て濃厚になって排出されてしまうので体臭がきつくなってしまいます。

また、体臭の元となる毒素は尿や汗と一緒に排出されてしまいます。
体内の水分が少なくなってしまい、尿や汗の排出量が少なくなってしまうとしたらどうでしょうか。

排出ができないので、体内に体臭の元が蔓延してしまうことになります。そうなると体臭がさらにきつくなってしまうのです。

水をたくさん飲むことで体臭の元を薄めることができます。
水を飲む・・ただそれだけのことなのですが、それが体臭改善に大きな意味を持っているのです。

汗をかくサウナや温泉の効果は?

仕事やプライベートで人と接するときは、体臭がきつくなっていないか誰でも心配になるでしょう。

体臭対策で大切なことは、第一に体を清潔に保つことが大切です。
基本は、毎日お風呂に入って体を綺麗にするようにしましょう。

それでは、体臭対策になぜお風呂が重要なのでしょうか。
体臭に効果のあるデオドラント剤や石鹸を使ったとしても元となる体が不潔であったら大きな効果を得ることはできません。

夏場などは汗をかくことが多いですから、汗をかいてそのまま放置しておくとそれがそのまま体臭につながってしまうのです。

そのため、毎日お風呂に入ることは体臭対策に非常に効果的です。
ここまで書いてみると、汗が体臭の元になると考えがちですが、大切なことは汗をしっかりかいて、汗をしっかりと洗い流すことです。

もっとも汗をすぐに洗い流すことは難しいかもしれません。そのことから汗をしっかりとかいてその場で洗い流すことができるサウナや温泉はまさに体臭ケアにとってはベストと言えるのです。

水は一日にどれくらい必要?

生きていくうえで体の欠かすことのできない水ですが、一日に必要な水分量というのは、いったいどのくらなのでしょうか。

これははっきりとした目安が示されていて、一日の必要な水分量の目安が1.5リットルとされています。

体の約6割から7割は水分でできています。そのため体は常に水分を必要としていて、こまめな水分補給は欠かせません。

これだけ大切な水分ですから、私たちは呼吸をするのと同じくらい無意識のうちに水分を補給しているのです。

そんなに飲んでいないという人もいるかもしれませんが、食べ物から摂取する水分もありますから、概ね誰でも生きていくうえで毎日1.5リットルの水分補給はしているということになります。

それでは、何故日々1.5リットルの水分が必要かということになるのですが、これにも明確な答えが出ていて、体から排出される水分量が一日に1.5リットルだからだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です