人気No.1バストアップクリーム

鶏肉でバストアップ

バストアップしたい方におすすめの食品といえば、鶏肉です。

 

鶏肉がバストアップに良いということは有名ですよね?
なぜバストアップ効果があるか知っていますか?

 

鶏肉には、大豆イソフラボンやプエラリアミリフィカの様な女性ホルモンに似た成分は含まれていません。
そのかわり、良質なたんぱく質がタップりと配合されているのです。

 

タンパク質は人の体を構築するためには欠かせない成分です。
人の肉も血液も、タンパク質があるから作ることができます。

 

当然タンパク質が無ければ、体を作ることができないでしょう。

 

バストも体の肉の一種であり、タンパク質を摂取することでバストに脂肪が集まります。
そのため鶏肉を取り、良質なたんぱく質を摂取すれば、上向きの形の整ったバストを手に入れることができるのではないでしょうか?

 

だからといって、ただ鶏肉を食べればよいという訳ではありません。

 

タンパク質が含まれているのは、鶏肉だけではありません。
そして、バストを作っているのもタンパク質だけではありませんよね。

 

さまざまな栄養をバランスよく吸収し、特に良質なタンパク質である鶏肉を意識して摂取をすれば、より形の良く整ったバストを手に入れることができるでしょう。

 

鶏肉は他の肉類に比べて低カロリーで、コラーゲン等の美肌成分も摂取することができます。

 

そのためお肉を選ぶときは出来るだけ鶏肉を選んだ方が良いでしょう。
鶏肉を意識して食べれば、知らず知らずのうちにバストアップ出来ているかも知れませんね。

 

おすすめの部位と摂取量

一言に鶏肉といってもさまざまな部位が存在します。

 

バストアップの為には、鶏肉のどの部分を、どのくらい摂取すればよいのでしょうか?

 

鶏肉の中でも特におすすめなのが「ササミ」です。

 

さっぱりしていてローカロリー。
ダイエットの時にも活躍するのがササミですよね。

 

ささみは鶏肉の中でも特にタンパク質が多く含まれている部位です。
なんと100グラムあたり24グラム程のタンパク質がh組まれています。

 

そのため、よりタンパク質を吸収したい場合はささみを摂取しましょう。

 

ささみと同じくらいタンパク質が含まれている、胸肉もおすすめです。

 

逆に鶏のもも肉は鶏肉の中でもタンパク質のすくない部位です。
少ないといっても数グラム程度の差ではありますが、バストアップの為にはおすすめできない部位でしょう。

 

鶏もも肉といえば、から揚げが定番です。
から揚げを食べるとバストアップ出来るの?!と思うかも知れませんが、から揚げはタンパク質以前に脂質がとても高い食品です。

 

バストアップのためだからといってから揚げばかり食べて居ては、カロリーオーバーしてしまい純粋に体重が増加してしまうでしょう。

 

美しいバストを作るためにはダイエットも欠かせません。
健康の為にも美容の為にも、鶏もも肉、から揚げの食べ過ぎには注意をして下さい。

 

低カロリーにバストアップしたい場合におすすめなのが、やはりささみや鳥胸肉なのでしょう。

 

摂取量は特に問題ありません。

 

イソフラボンやプエラリアの様な女性ホルモンに類似した成分は、撮り過ぎると副作用が生じると言われています。
しかしタンパク質でバストアップをする鶏肉に特に摂取量の目安はありません。

 

だからといって、摂り過ぎには注意をしましょう。
いくら低カロリーのささみだからといって、カロリーはしっかりとあります。

 

肉類は食べ過ぎると健康にもよくありませんし、体重もどんどん増えすぎてしまうでしょう。

 

そして鶏肉のバストアップ効果と言ってもそこまで高くありません。
あくまで「気が付いた時に鶏肉を食べるように意識してみる」ことで、ちょっとバストアップい近付けるかも知れませんね、程度の食品なのです。

バストアップレシピ

バストアップに絶大な効果を発揮するという訳ではない鶏肉。
しかし意識して食べると多少なりともバストアップ効果を実感できるはずです。

 

そこで、簡単美味しい鶏のささみを使ったメニューをいくつかご紹介します。

 

美味しく食べて、気軽にバストアップをしてみませんか?

 

まずはささみのしょうが汁です。
生姜は体が温まります!
血行促進効果でバストアップ効果もアップするのではないでしょうか?

 

必要なものはささみ、ニンジン、生姜の千切り、青ネギ。
調味料として水と日本酒、白だし、砂糖、中華の元、醤油、これだけです。

 

まずは日本酒、白だし、砂糖、水、ささみ、にんじんを鍋に入れて煮立たせましょう。
次にささみを取り出して粗熱を取りつつほぐします。

 

ささみを戻したら煮汁に醤油としょうが、片栗粉を加えてとろみを付けてください。

 

最後にネギを加えれば、かんたんあったか生姜スープの完成です。

 

体も暖まりますし、とっても簡単に作れますよね。

 

 

低カロリーささみの副菜といったら、ささみのサラダがおすすめです。

 

ささみ、大葉、セロリを用意。
茹でたささみに大葉とセロリ、レモン汁、酒、水、ごま油、塩コショウ、にんにく、ネギなどを混ぜましょう。

 

これだけでさっぱりとした低カロリーサラダの完成です。
低カロリーだけどお肉が入っているのでボリュームも十分。
美味しく気軽に食べられるので、もう一品欲しい時に良いのではないでしょうか?

 

 

ささみを使った簡単低カロリーメニューは他にもたくさんあります。

 

お肉料理なのにさっぱりヘルシーに仕上がるので、毎日の食生活に一品ささみ料理をプラスしてみてはいかがでしょうか?

 

鶏肉の中でも特にバストアップにおすすめの食品です。

人気No1バストアップサプリ↓

トップへ戻る