薬とサプリ

人気No.1バストアップクリーム

薬とサプリの違いとは?

薬 サプリ 違い

 

薬とサプリメント。

 

違いがあるのはわかりますが、どんな違いがあるのかは明確に知っている人は少ないですよね。

 

見た目は似ているけれども効果が違う、購入方法が違う。

 

薬とサプリには、明確にはどんな違いがあるのでしょうか。

 

たとえば、バストアップをしたい人のためのサプリメントは「バストアップサプリ」ですが、薬でバストアップをするとなると「女性ホルモン投与」となります。

 

女性ホルモン投与はあくまで薬であり、日本薬局方に収められているものです。

 

投与薬は効果、効能などを重視して作られているので、とても高い効果を発揮してくれるでしょう。
その反面人によっては副作用が生じたり、効果が高すぎる可能性もあります。

 

ホルモンバランスを安定化させるものではありますが、ホルモンを摂りすぎるせいで過剰摂取になってしまう可能性があるのです。

 

また、薬はあくまで「何か問題があったとき」に服用するためのものです。

 

だたバストアップをしたい人が女性ホルモン投与を行うことは、ほとんどありません。
基本的に、女性ホルモン投与は更年期障害などホルモンバランスの変化で起こる病気にときに服用するものです。

 

バストアップのために飲む人の多くは、性転換手術を受けた方なのではないでしょうか?

 

ホルモン剤は、医師や薬剤師と相談をしたうえで服用となります。

 

ホルモン投与も、医師と相談をしたうえで問題がなければ処方してくれるでしょう。
薬局に行き処方箋を薬剤師に見せることで、薬を購入することが出来ます。

 

薬は基本的には疾患のためにものなので、これが飲みたいと指定することは出来ません。
また、予防や医師の判断によっては服用できない場合もあるでしょう。

 

このように、高い効果を実感できますが、面倒な部分が多々あるのです。

 

 

では、サプリメントはどうなのでしょうか?

 

サプリメントは、あくまで「食品衛生法」「健康増進法」「不法景品類及び不当表示防止法」などで定められた、健康食品です。

 

サプリメントは法令では定義がありませんが、基本的には健康に効果のある食品が、サプリメントに分類されています。

 

バストアップサプリもさまざまな商品がありますが、これといって規定はありません。

 

安全第一で販売されているサプリメントは、効果が緩やかな商品が多いでしょう。
バストアップサプリだけではなく、ほとんどの商品は「飲み続けることで体質改善を行うことが出来バストアップ効果を実感できる」商品がほとんどだと思います。

 

そのかわり、目安量を守って服用すれば副作用が生じることはほとんどありません。

 

バストアップサプリは危険性があるといわれていますが、飲みすぎない限りは過剰摂取にはならないでしょう。

 

薬は基本的に短期間摂取するものですが、サプリメントは長期間の服用が推奨されています。

 

薬ではなく栄養を補うための栄養補助食品なので、長期間服用し続けても問題はありません。
また、飲み続けることでどんどん効果を期待することが出来ますし、バストアップへの効果もどんどん得られるのではないでしょうか。

 

バストアップサプリはさまざまなところで販売しています。

 

通信販売が主ですが、ドラッグストアやコンビニで売っている商品も多いでしょう。

 

薬と違い規定もないので、自分で好きなものを選ぶことが出来ます。

 

そのため、自分に足りない栄養素や口コミ評価、配合成分などを見極めて、好みのサプリメントを購入することが出来るのです。

 

保険適用外なので、薬に比べると高いと感じてしまうかもしれません。

 

しかし、手軽に好きなサプリメントを飲めるので、簡単に利用しやすい、というメリットがあります。

バストアップの薬とは?

バストアップの薬といえば、女性ホルモン投与や女性ホルモンの注射です。

 

バストアップサプリのほとんどは、女性ホルモンに似た成分を補うことでバストアップ効果を実感することが出来るでしょう。

 

しかし薬は、女性ホルモンそのものを補うことでバストアップ効果を実感することが出来るのです。

 

女性ホルモンを薬や注射から補う人は、不妊治療を行っている人や更年期障害でホルモンバランスが崩れてしまっている人です。

 

最近は、性同一障害の方も、女性ホルモンを投与することがあるみたいですね。

 

そのほかにも、ホルモンバランスが乱れがちな人や生理不順がひどい人は、女性ホルモンを投与する場合があります。

 

どれもバストアップ目的ではなく、治療のために女性ホルモン投与を行っていたらバストも大きくなった、という場合が多いのではないでしょうか。

 

女性ホルモンを投与することで、更年期障害の症状を改善することが出来ます。

 

更年期障害になると、何もないのにイライラしたり、つらくなったり、発汗、ほてり、のぼせなどの症状が起こるでしょう。

 

閉経が近づくことでホルモンバランスが不安定になり、このような症状が起こります。
そのため、女性ホルモンを投与することでホルモンバランスが落ち着けば、症状も緩和するのでしょう。

 

ほかにも、生理不順改善、動脈硬化予防、骨粗しょう症予防、ニキビ予防などの効果があります。

 

一般的な女性ホルモン投与の薬はプレマリンやエストロフェムが多いでしょう。
これらは卵胞ホルモン剤の一種です。

 

薬はそこまで費用が掛からない分、ある程度飲み続けなければ効果を実感することが出来ません。

 

注射は一度でも高い効果があるみたいですが、費用は千円から一万円と幅が広く、値段が高ければ質良い女性ホルモンの可能性が高いでしょう。

 

どちらも医師の診断を受けてからの処方となります。

 

バストアップのためだけに女性ホルモン投与を行う人はほとんどいません。
そのため、よく考えて、医師と相談をしたうえで、女性ホルモン投与を行ってください。

女性ホルモンの危険性

女性ホルモン投与で注意をしたいのが、副作用です。

 

薬での治療は高い効果を実感できますが、副作用が生じる可能性もあります。

 

バストアップサプリでも副作用が生じる場合はありますが、そのほとんどは過剰摂取をしたときのみでしょう。

 

しかし薬はとても効果が高いので、普通に服用するだけでも副作用が生じる可能性があります。

 

女性ホルモンの副作用で多いのが、頭痛、吐き気、肝臓障害やうつ病などです。

 

ほかにも下腹部が傷んだり、血栓症、食欲不振や性欲減退などさまざまな症状が起こるといわれています。

 

女性ホルモン投与は確かに高い効果を実感できるかもしれませんが、副作用が多く危険が治療なのです。

 

もし、バストアップのためだけに女性ホルモンを投与してもらいたいのであれば、おすすめしません。

 

女性ホルモン投与はあくまで治療の一環です。

 

バストアップをしたいのであれば、最近は高い効果を実感できるサプリやクリームなどたくさんの商品が販売されています。

 

自分にあった商品を見つければ、自宅にいながら、医師の処方を受けることなく、安全にバストアップが出来るでしょう。

人気No1バストアップサプリ↓

トップへ戻る